四国の志をアツくネットワークしたい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
まだまだ20歳!!

今日、2017年2月14日。バレンタインデーに生まれてはじめて人間ドックに行った。

数か月、若干体調が不調が続いており、今年から3年間人生最高の大勝負に挑むには不安だったから。
我が子の学費は生命保険でなんとかなるだろうけど、リレイション子(スタッフ)はまだ数年は、ボクが必要だと思ったから。
生きていくだけなら、うちのリレイション子たちに何の問題もないと思うし、むしろ短期ではリレイションより別の仕事の方が待遇がいいはずだ。
ただ、時代を、未来を自分のモノサシで創っていく、自分のモノサシで生きていくということを生業にするにはという意味で。
無論、診断結果は数週間後だが、担当医の所見や素人なりのグラフや数値、映像の判断から緊急ではなさそうだ。
しかも、骨密度年齢は20歳!!!!!!
肺活量(肺機能)は、26歳!!!!!!
思えば、そばつゆ、焼き肉のたれにはじまり、食事はほとんど手作り。
外食は時々のうどんかラーメン。
電子レンジなし、冷凍食品なし。ジュースじゃなくお茶。
毎晩のように味噌汁を飲まされ、食べたくない朝食を無理やり食べさせられてた幼少期。・
切干大根やシイタケの煮物。
ほうれん草と豆腐の和え物。
今は大好物だが、当時はキライのオンパレード料理をまあまあ食べさせられた。
カレーやハンバーグやとんかつもあったけど。まあまあ野菜喰ってた。
ここ数年、自分の生き方や働き方や人生における役割なんかを考える中で、とにかく両親に対する感謝が日増しに大きくなっていたが、45歳にして骨密度、肺活量の平均年齢で20代前半を誇る基礎体質と知り、タフな生活が送れるのは幼少期の食事のおかげだとあらためて両親に感謝の日。
近所にいながら年数回しか会わないオカンに久しぶりに電話し、本件を報告。
大きな声で「ありがとう。」を伝えました。
オカン一言、アンタにありがとう言うてもらえるなんて、うれしいわー。って。
そして、何より、もっと生きたい、もっと挑戦したい、もっと、もっと、もっとと思わせてくれる、挑戦させてくれる
リレイション子(スタッフ)たちに、仲間、同志に心から感謝!!
今は当たり前ではない。
今の全ては感謝でなりたっていると思う1日でした。
ひとりごと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
comment









trackback
http://relationstyle.jugem.jp/trackback/85
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode
COMMENT
LINKS
---twitter---
SPONSORED LINK