四国の志をアツくネットワークしたい!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
フリーペーパー扉〜TOBIRA〜四国版デビュー!
フリーペーパー扉〜TOBIRA〜

昨年、実験的に2回ほどR-Styleの代表ダイスケくんを中心に、
徳島の若者達と徳島県内で発行しました人と人、地域と人、
そして若者と社会との交流の場を創る新聞『扉〜TOBIRA〜』


ついに、四国の志のネットワーク…
四国力(しこくりょく)をつなぐ、創る新聞として四国デビューすることになりました
というか、しました(笑)





ご協力、ご理解いただきました関係者のみなさま、
また、取材に協力してくれたみなさま、
本当にありがとうございました


特に、昨年、『扉』の企画段階から支援していただいていた、
徳島ラーメン三八の三代目・元ちゃんの存在は心強かった


365人の友達つくるとか、四国力とか、
若者の力を地域で活かしたい、人と人を繋げたい、地域活動マネジメントは…。

お前、何言いよるん?

みたいな、私の言葉をありのまま受け入れてくれて、
共感してくれて。

まさに、競争から共創へ。
未だに上手に言葉として伝えられない弊社の活動と想いを、
影になり、日なたになり応援してくれていました。

元ちゃん、おかげさまでなんとかスタートラインには立てたように思います
ありがとうございました、そして、今後ともヨロシクです


そして、今回急な編集に協力してくれた、徳島大学のミカちゃん、ミドリくん、
ありがとう、おつかれさまでした


ホンマ、短いようで長かったです。
扉に関してのこの1年は


1年近く、どんなカタチで編集部を運営しようか??

どんな内容を記事にしようか??

そして、ズバリ!コンセプトは??

さらに現実的な運営資金の問題は??


いろんな課題を抱えながら、理想と妥協に揺れながら、
ただひたすらに『扉〜TOBIRA〜』の四国デビューの機会を考えていました


とにかく、この新聞を創りたい、

人と人、地域(四国)と人、
若者と社会(四国)をつなぐカタチあるものを創りたいと



【『扉〜TOBIRA〜』欲しいって方は連絡くださ〜い!】




その想いだけは持ち続けていました。


どうしても、この新聞が創りたい。
そのためには、『扉〜TOBIRA〜』に、リレイションに、
つまりは、私、祁答院に共感できるスタッフが必要だと。。。


私的には、何人かのスタッフ候補や、
むしろ一緒にやってみたい大学生もいましたが、
それはあくまで私の望み。


私の望みを一緒にカタチにしてくれとは若い仲間達には言えません。

楽しいけど、シンドイ
オモシロイけど、遊びじゃない

たとえ雇用関係にあったとしても、
弊社の仕事は自ら望み、自ら働き、自ら創らなければならないという決まりきった、
カタチのある仕事じゃないからややこしいんです…

望んで、やる!

この思考がなければ、短期ならともかく、
継続的に、弊社(私)のスタッフは無理なのです
(あっ、俗に言う事務的な仕事は別です…。事務員さんが欲しいです
もしかしたら、そんな人は一人もいないかもしれません


その中で、
なぜ、今回『扉〜TOBIRA〜』を発行する決断をしたかというと、


年末から、神山町で実施する基金訓練という国の事業、
要は雇用保険の無い失業者やフリーター
(学校を卒業するも、就職経験の無い若者やクリエイターなど個人事業者含む)
といった人達を対象とした職業訓練事業を運営することで、暮らしと仕事を自分なりに深く考えたことがきっかけとなりました。


神山担い手育成塾(基金訓練)の詳細はコチラ → 【東京仕事百貨】



LIFE=WORK




また、私の話を聞いてくれた友人が語ったこの言葉が
扉〜TOBIRA〜のコンセプトとして、明確となり、
四国の“LIFE=WORK”を共感できる、望む、やる!スタッフなら集めることが出来る。
いや、きっと集まると確信できました。


競争から共創へ。

これが、弊社の理念であり、私の仕事です


  【『扉〜TOBIRA〜』設置配布してやる〜!って会社やお店の連絡待ってます(笑)】




ご清聴ありがとうございました。
ブログ再始動…
扉〜TOBIRA〜 comments(1) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
COMMENT
LINKS
---twitter---
SPONSORED LINK